Lilt

INFO



「 Takuro Kikuchi 」  ライブ

日時 : 11月11日(土) Open 18:00 / Start 19:00

料金 : 2000 円 + 1 ドリンク
      予約制ですので 件名に 「 Takuro Kikuchi ライブ 」
      と明記の上 氏名・人数・ご連絡先 を添えて
      info@lilt.tokyo まで ご連絡ください。

tkphoto.jpg


Takuro Kikuchi プロフィール

1983年生まれ。 作曲家 ピアニスト。
東京生まれ 仙台在住。

クラッシックギターを弾く父の影響で 
幼少の頃から音楽に親しむ。
作曲を 北村 昭、四野見和敏、
ピアノを梅谷 進、倉田まゆみ、三浦るみ子、
ソルフェージュを石原 真 の各氏に師事。

作曲は9歳から。
ピアノを習い始めると同時に作曲の楽しさを知る。
幼少より培ったクラッシックを基盤としながら
その瑞々しい感性と豊潤な表現力で生み出される
音色は唯一無二。 世代を問わず 聴く者の心に柔らかく響く。
また 作曲 演奏 レコーディング ミキシング マスタリングの
工程を すべて一人でこなし サウンドエンジニア
としての才能も垣間見ることがでしる。

現在までに自主レーベル 「HANON RECORS」より
4枚のアルバムをリリース。
クラッシックの素養を秘めたシンプルな音選びが印象的な
即興アルバム 「fleur(2014)」
松島の松華堂菓子店とコラボレーションした
懐かしくて温かい アンビエントミュージック アルバム
「カステラのためのピアノ曲集(2017)」 など
4枚ともに 自主制作盤ながらロングセールスを記録している。

2016年からは ロサンジェルスにてCDの取り扱いが始まる。
また Billboard JAPANにて アメリカ出身のフリーフォークの
鬼才Devendra Banhartによる「日本に溢れた」プレイリストに
「Takuro Kikuchi / 美しい人」 が選曲されるなど
海外からの注目度も高い。

世界で活躍する タップダンサー熊谷和徳氏 との共演
アーティストやクリエーターとのコラボレーションを通して
独自の音楽に磨きをかけ その活動はますます
大きな広がりを見せている